どこまでできるの?探偵への捜査依頼

人探しがしたい!そんな時は所在調査を利用しよう

所在調査依頼が可能な例を紹介!

探偵の所在調査は具体的にどのようなことをするのでしょうか。

以下に一部ではありますが、例をご紹介します。

・街ですれ違った人に一目惚れしたので探したい
・オンラインゲームで知り合った人と会いたい
・認知症の父が戻ってこないので探して欲しい
・多額のお金を友人に貸したが逃げられてしまったので探して欲しい
・家族が家出をしたので探して欲しい
・妻が失踪して心配なので探して欲しい
・連絡の取れなくなった友人や恩人に会いたい

人探しに関することであれば大抵のことは可能ですね。
ただし、探偵は犯罪につながる案件は受けません。

例えば、ストーカー行為のための所在調査や、DV(家庭内暴力)につながるケース、芸能人・有名人の住所を調べるといった調査は、犯罪につながる恐れがあるためどんなに大金を積んでも引き受けてくれません。

所在調査にかかる費用を知ろう

所在調査にかかる費用は、探偵会社によって相場が異なるので一概には言えませんが平均50〜80万円という方が多いそうです。
30万円で素行調査依頼できたという方もいます。

高いと思われた方もいるかもしれませんが、調査はロボットがやってくれるわけでもなく人間が全ての調査を行うことになります。
なので、費用の主な内訳は”人件費”と言えるわけですね。

所在判明のために必要な情報量が少ない場合は、当然調査にかかる日数が増えてしまい、それだけ費用がかさんでしまいます。
逆にいえば、調査対象者に関する情報量を多く探偵に提供できれば手掛かりが増えるので、調査にかかる日数が減ることが考えられるため費用を安く抑えることが可能ですよ。

探偵会社によっては様々な料金プランがあり、時給でお金が発生する「時間料金型」、他に「パック料金型」、「成功報酬型」というプランもあるので、探したい人の条件に合わせてプランを選びましょう。


この記事をシェアする